杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

IOS CONNECT


近年注目を集めているInstra-oral Scanner(口腔内スキャナー)の登場により、従来のチェアサイドでの印象材を使用した口腔内の印象採得、石膏注入、それによって制作された石膏模型をラボへ送り補綴物製作、といった仕事の流れが大きく変わりつつあります。

杏友会でも一昨年秋頃から口腔内スキャナーにより光学印象された口腔内データを、 IOS CONNECT(コネクト)を通じチェアサイドから送信していただき、石膏模型を介在させずにCADソフトによる 補綴物のデザイン、ミリングマシンによるミリング、それらを仕上げ、口腔内への装着が可能である、ということを 実証すべく検証を重ねてきました(写真①、②)。

石膏模型が存在しないため、支台歯への適合調整は行わずCAD/CAMシステム特有のマージン形態の シェイピング、表面の研磨もしくはステイニングで仕上げた補綴物は高い確率で、無調整にて 口腔内に装着されました。それには歯科医師と歯科技工士の綿密な意思疎通が重要であるということが 大前提と感じております。

チェアサイド完結型システムでは制作が困難な歯数のブリッジやシンタリングに長時間を要する ジルコニア、ステイニングを行なうための設備を必要とるする補綴物の製作が可能です。

最大のメリットは印象材を使用することによる患者様の苦痛の軽減、ほぼ無調整で口腔内に 装着可能な補綴物の制作ができますので、大幅なチェアタイムの短縮が実現できます。

そこで患者様にとっても、また歯科医院、歯科技工所経営においても最大の不利益である再製作をなくすためにもマージンラインの設定や写り込んだ頬粘膜等の不要なデータのトリミング、補綴歯のデータの不具合の有無の確認、 データ上での正確な咬合採得をお願いしております。



この不要なデータのトリミングは、CADソフトのバーチャル アーティキュレータ顎運動時に 干渉するのを避けるために必要なものです(写真③)。

現在、作業模型が存在しないため、補綴物の種類には制限がありますが、口腔内スキャンデータから3Dプリンター等を利用し作業模型を 製作することにより、近い将来補綴物のバリエーションを増やしていくことも視野に入れ、検証を行なっています。

株式会社杏友会 ポーセレン部 堀 裕彦
(K.O.Mail No.050)



歯科技工所 杏友会ホーム|最新情報|歯科技工 製品|歯科技工所 製作体制|歯科技工士 採用情報|会社概要|お問合せ このページの先頭へ上