杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

メタルオクルーザル


義歯による欠損部の回復には通常人工歯が使用されます。中でもレジン歯よりも 硬く種類も豊富にある硬質レジン歯を選択されることが多いと思います。

しかし、長い間の義歯の使用で人工歯が摩耗して咬合の低下をまねいてしまっている 症例もしばしば見かけます。

この対策として人工歯の咬合面をメタルに置き換える方法があります。 メタルに置き換えることにより摩耗を防ぎ、咬合面の隆線や溝も咬合状態に応じて付与することで 咀嚼効率を上げることができます。

またパーシャルデンチャーにおいては対合歯がメタルクラウンやメタルボンドクラウンの ところを1歯単位でメタルにしたり、ベニヤタイプにして機能咬頭のみをメタルに 置き換えることも可能です。義歯の完成時にメタルに置き換えることができますが、 しばらく人工歯の状態でご使用になり、咬合状態が安定したあとでの製作も可能です。

また、すでにご使用中の義歯で人工歯が摩耗してしまった場合にも対応することができます。

この機会にぜひご検討ください。

本社 キャストパーシャル部
TEL03-3334-2324
小島 大
(K.O.Mail DIM No.48)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上