杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

ノンクラスプデンチャーデュラフレックスの臨床について


義歯のクラスブの見た目に悩む患者さんに対し、ノンクラスプデンチャーは広く使用されてきています。 長い間、常温重合レジンでレジンクラスブを製作していた筆者も、ノンクラスプデンチャーの日本導入後は バルプラスト、Kプラスなどのスーパーポリアミド系を中心に治療を行ってきました。 今回さらに物性を高めた熱可塑性プラスチック、デュラフレックスが発売されました。

デュラフレックスの最大の特徴は吸水性は極めて低くなったことです。今回、他製品ノンクラスプデンチャー からデュラフレックスに変えて義歯新製を行った患者さんから、「汚れが付きにくい気がする」との感想をいただきました。患者さんには品質の向上という説明だけでしたので、貴重なお話が聞けたのではないかと思います。

また、変色がほとんどないのでウイングをクリア色で製作することができ、前歯、小臼歯を鉤歯とする場合、 より自然に見えます。変色に敏感なクリア色を使用できるのも耐水性向上ゆえです。冠、根面キャップなど隠したい 金属色がある場合にはピンク色を技工指示します。

適合性、耐久性も良くなり、素材同士が接着剤なしで結合するのでラボサイドでの増歯、修理が容易となりました。

デュラフレックスは、アメリカで約7年の臨床実績があり安全性には問題ありません。

チェアサイドでの床縁、床内面の調整はスーパーポリアミド系の時より楽になりました。削っても粘りつくだけという 感じが減り、研磨も容易になりました。研磨専用キットがあれば更に綺麗に研磨ができますが、それ以上はラボサイドでの 研磨となります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーの沈下を防ぎ、維持力を保ちながら快適に使っていただくために筆者が注意している点がいくつかあります。

鉤歯が失活歯の場合、適度なカントゥアーを有する補綴物に変え、 その際には可能な限り大きなレストシートを付与します。頬舌側に通す 大きめのグルーブ付与も有効です。生活歯では頬舌側の形態をコンポジットレジンで 整えることもあります。

床樹脂で鉤歯全体を取り囲む設計をすることで、レストの代用をなる場合があります。

残根はキャップで処置し、小帯、骨隆起などを十分に考慮した設計をします。

ノンクラスプデンチャーは、ほとんどの患者さんから満足との評価をいただいており、 複数個希望される患者さんも多数おられます。いずれ大きな義歯になるまでの準備期間の義歯として 患者さんにおすすめできるものと考えています。



歯科医師 吉橋正道
(K.O.Mail No.045)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上