杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

口腔内スキャンによる技工物データ発注のご案内


近年、日本の歯科医療におけるデジタル化は急速に進化し普及しております。 今後さらに発展すると思われるのが、口腔内スキャナーの補綴治療への導入です。 それらのニーズに対し迅速に対応するため、6月20日よりスキャニングデータ送信による技工物の受注を開始いたしました。


現在弊社へのデータ発注対応可能な機種は、高い評価と実績のあるセレックシステムのオムニカム(光学印象カメラ)です。 オムニカムを使用して、チェアサイドでスキャニング(マージンライン設定含む)したデータをインターネットポータルサイト経由(シロナコネクト)で 送信していただき、弊社にて補綴物の設計・加工・調整・仕上げを行ない、ケーオーデンタル営業担当経由でご納品いたします。

図1
図2

チェアサイドシステム(セレック)と弊社ラボサイドシステム(インラボ)を繋ぐデジタルワークフロー導入の利点は、 焼成が必要なジルコニアなどのマテリアルを医院様の補綴ラインアップに加えていただけることです。現時点での対応補綴物については、 フルジルコニアクラウン(アプリコットクラウン)のみとなっておりますが、今後他のマテリアルについても検証後に順次追加する予定です。


フルジルコニアクラウン(アプリコットクラウン)については、マルチレイヤードのジルコニアを使用し、限定2色(ライト:A1.5〜A2、アイボリー:A2.5〜A3.5※シェード目安)となります。 オプションとしてステインタイプ(アプリコットクラウンプレミアム)各種シェード対応もご用意しております。


ミリングにはインラボMCX5を使用しておりますので、 システムを同一メーカーで統一することにより、高品質な補綴物を患者様にご提供できます。



図3

ワークフローがデジタルなので、従来の印象採得・石膏模型などのアナログ的な作業による精度の誤差が非常に少なくなりその上印象材・石膏等のコスト削減も可能となります。 また間接法ではなく、光学スキャン印象により直接法で行うことにより、嘔吐反射のある患者様への負担軽減にもなりますので、是非デジタルワークフローの導入をご検討頂ければ幸いです。


弊社は、お陰様でCAD/CAM技工納品総数実績10万本を達成いたしました。今後も進化を続ける歯科医療に対応し貢献できるよう務めてまいります。


株式会社 営業部 中田秀也
詳しいお問い合わせ:
本社インプラント課  CAD/CAM室 TEL 直通 03-3334-2643 担当:伊藤
(K.O.Mail No.042)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上