杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

CAD/CAM技工の接着


今回はCAD/CAMで製作した補綴物の接着についてご案内させて頂きます。

ジルコニア

杏友会のラインアップにオールセラミックス カタナ、アプリコットクラウン、アプリコットクラウンプレミアム、アプリコットクラウンプレミアムUT、3Mラヴァ、 などの接着面がジルコニアのものがあります。

接着するときは、試適後の接着阻害因子と成りうる唾液等の汚れを洗浄し、修復物の内面にサンドブラスト処理を行い、 プライマーを塗布します。適切な歯面処理を施し、接着性レジンセメントを使用して接着してください(ご使用メーカーの推奨する術式を参照してご使用ください)

主な商品として、クラレノリタケデンタル(パナビア V5)、松風(レジセム、AZ プライマー)、3M(リライエックスユニセム2)があります。

制作の流れ
ハイブリッドレジン

保険適用のCAD/CAM冠につきましては、杏友会では松風のHCブロックとクラレノリタケデンタルのカタナアベンシアブロックを使用しております。

装着は冠と支台歯の一体化を図るため、接着性レジンセメントを使用することが必須です。プライマー併用型接着性レジンセメントが推奨されています。

試適後に接着阻害因子と成りうる唾液等の汚れを洗浄し、修復物の内面にサンドブラスト処理を行ってから、リン酸エッチング、シランカップリング材(セラミック処理材)で適切な歯面処理を施し、 接着性レジンセメントを使用して接着してください(ご使用メーカーの推奨する術式を参照してご使用ください)

主な商品として、松風(ブロックHC セム ハンドミキシングセットとHCプライマー)、 クラレノリタケデンタル(SAルーティングプラスとセラミックプライマープラス)があります。

※なおサンドブラストは杏友会からお出しする時に処理しておりますが、試適後に再度処理することをお勧め致します (CAD/CAM冠に適した、支台歯形成及び前処理、接着操作を施さないと効果が得られない可能性があります)。詳しくは担当営業にお問い合わせください。

制作の流れ

株式会社杏友会 営業部 越湖雅和
(K.O.Mail No.040)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上