杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

エステショットの調整・研磨


ノンクラスプデンチャーは、低侵襲で審美への配慮もできる義歯として臨床で急速に普及しています。 数あるノンクラスプデンチャーの中でも、エステショットブライトは即時重合レジンでの補修が可能という特長があり、適合精度が良好で、とりわけニーズの高いものです。ここでは、そのチェアサイドでの調整・研磨の手順を、ステップ①〜④の写真でご紹介致します。

ステップ
工程
形態調整
荒〜中研磨
中研磨
艶出し研磨
コメント
カーバイドバー(※A、B)で形状を整え形態修正を行なう。
シリコンポイント
(※C、D)などで荒〜中研磨を行う。
不織布のなかに研磨剤が入っている表面調整研磨材(※E)で面形状をきれいにする。(小傷をなくし面を滑らかにする) 
ハンドピース用バフ
(※F)に艶出し研磨剤(※G)を塗布し艶出し研磨を行う。     
注意点
石膏を削るような目の粗い大きいバーを使用すると引っかかったりしてキズが大きくなってしまう危険があります。
 
 
当てる強さ・回転速度をかえて研磨を行う。(強く当てすぎると焼き付く)
作業
写真





写真提供:
株式会社アイキャスト
参考
材料

A.カーバイトカッター
HP CC12
B.カーバイトカッター
HP CF4
(ケーオーデンタル株式会社)

C. デンチャーホイール
(株式会社クエスト)
D. BBポイント
(株式会社ビーエスエーサクライ)

E. エム・ワイ ポリッシャー
ソフトホイール
(株式会社ヨシオカ)

F. ポリラビット 綿糸ポイント
(株式会社茂久田商会)
G. エステシャインHP
(株式会社アイキャスト)

補足として、ステップ①のカーバイトバーは、あくまで筆者が使いやすいものを掲載しているもので、エステショット専用ではありません。ステップ④のバフ研磨に関しましては、高速レーズにてのバフ研磨もそうですが、高速回転下では焼き付いてしまう可能性がありますので、低・中速回転で行ってください。ステップ④のあと、スチームクリーナー等で洗浄する際はスチームの当てすぎに注意して下さい。 面荒れ・変色の原因になります。エステショットブライトは旧エステショットに比べ、耐衝撃性を有し研磨性も向上しました。とはいえ、PET共重合体という材質上、アクリルレジンに比べ粘りがあるような感覚の軟質のため研磨が難しいと思われます。

なお、杏友会では、お使いいただいているエステショットの義歯をお預かりして再研磨を承っております。ぜひ、ご用命ください。

◇製作日数

中2日

藤澤 啓介

株式会社 杏友会 本社キャストパーシャル部
藤澤 啓介
TEL 03-3334-2624
(K.O.Mail No.036)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上