杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

杏友会ワンピースクラウンのご紹介


特徴をまず述べると、安価、強度、長期性、破折に強い、プラークの付着が少ない、要するにやり直しの心配が少なく経済的、技工料金設定が用意されている。天然歯のクラウンにも適用されるが、今回、インプラント症例への応用例を提示する(ケンテック社 アルファタイトインプラント、他ほとんどのインプラントメーカーに対応)。

今回紹介するアプリコットクラウンは、コンピューターサポートのCAD/CAMによるジルコニア主原料のクラウンである。ジルコニアは、生体親和性が高く曲げ強度は約1,200Mpa、ビッカース硬度は最高1,300HV10で十分な強度を併せ持っている。プラークの沈着は、極めて少ない。インプラント関連の一部チタン合金、コバルトクロム合金のCAD/CAM技工に関しては、各社開発が進んでいる。中でも審美的な対応を考えるとジルコニアを使用したCAD/CAM技工製品はなくてはならない材料ではないだろうか。

現在保険で導入されているパラジウム合金は高値安定し、自費用の貴金属も同じで、高騰が続いている。

これらをふまえると、おそらく患者の口腔内からは、金属性の修復物はなくなってくる傾向が考えられ、徐々にメタルを使わない方向に進むことが十分予想される。

今回、カスタム印象コーピングを用いた方法により、アルファタイトインプラントケースを紹介する。

①テンポラリークラウンより作製したカスタマイズ印象コーピングで印象した

②模型を起こし、ジルコニア-コーピングを装着しワックスアップを行い、スキャニングを行う

③アプリコットのジルコニアブロックをミリング(削り出し)し、焼成を行う

④コーピングに接着し、調整研磨し完成させる

⑤アプリコットクラウンを装着した。インプラント周囲炎の予防を考慮し、条件が合えばできる限りスクリューリテインの修復物とすることが望まれる

中田典光

なかた歯科(茨城県常総市開業)
院長 中田典光
(K.O.Mail No.029)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上