杏友会ロゴ 歯科技工所 杏友会

杏友会 INFORMATION

03(3334)2621
 

杏友会インフォメーション

記事一覧

最新情報一覧

ノンクラスプデンチャー エステショット ブライト


今回はノンクラスプデンチャー「エステショット ブライト」をご紹介したいと思います。

「義歯床材料に弾性を持たせて、クラスプなしの義歯を作る」。近年、審美的で装着感のよいノンクラスプデンチャーは、一般メディア等でも紹介され広く知られるようになりました。
患者さん側から質問され、要望を受ける先生方も多いかと思います。

治療前/治療後

2008年頃、スーパーポリアミド系のノンクラスプデンチャーが日本にも本格的に導入されました。しかし、「やわらかすぎる」「劣化が早い」「レジンと結合しない」といった問題点もありました。2009年にはポリエステル樹脂の「エステショット」が開発され前述の欠点が大幅に解消されました。3年後の2012年には、さらに進化した「エステショット ブライト」が発売となりました。

「エステショット ブライト」は、新しいポリエステル樹脂系の熱可塑性レジンで、「つよさ」と「しなやかさ」をあわせもっています。「エステショット」にくらべ衝撃強さ、曲げ弾性率など耐衝撃性が強化され、破損のリスクも低下しています。「エステショットブライト」は、通常の咬合支持に耐える物性を持ち、低吸水性のため変色や臭いも低減され、長期間審美的に機能させることが可能です。常温重合レジンとの接着も良好で、チェアサイドでの修理やリライニングも通法通り行えます。
その適度な粘り強さと高いフィット感により、従来のクラスプ義歯やスーパーポリアミド系の義歯では困難であった片側の遊離端義歯においても、3歯程度までであれば十分良好な経過を得られるケースもあります。
メタルフレームとのコンビネーションも良好で、それについては次号で詳しくご紹介していきたいと思います。


エール歯科クリニック(茨城県守谷市開業)
院長 大浦 信也
(K.O.Mail No.023)



歯科技工所 杏友会ホーム最新情報歯科技工 製品歯科技工所 製作体制歯科技工士 採用情報会社概要お問合せ このページの先頭へ上